有栖川煉ってホントは妻なんだよね

「自身、有栖川煉の従兄弟なんだよねぇ」
この日、恭平は合コンで女の子ら相手に、独力は売れっこ美男役者“有栖川煉”の従兄弟です事を颯爽と自慢する。実態だからです。
だがしかし、
「えー、虚偽ー」「確かに苗字は一緒だけどさーっ、全っ然似てないし」
信じて貰えない後、悪人呼ばわり患う。
「お前そっち合コンの保ちジョークなの?いいかげん閉めたら?」
お蔭で合コンは悪行。女の子をお持ちかえりも出来ず、自力泣く泣く家に帰る恭平。だが自宅では、
「恭くん!」
「おまえ……煉!何しにきたんだよ。急きょ」
「えへへ、かくまってほしいんだけど……」
どうも訳ありで逃れてきたらしき。きつく要因も聞き流し、旦那をわが家に上げる恭平。
――長時間後述。
「ちょ、な、なにっ!?」
AVを見ようとした恭平に動揺する煉。
「最近合コンでさ。お持ちかえりも出来なかったし、溜まっちゃって」
「へ、へえ……」
「お前は普通どういうAVみてんの?」
「み、見ないよっ!」
「そりゃモテモテですもんなぁいいよな!妻に困らないパーソンはっ!」
「僕……先にシャワー借り上げるよ」
「さては煉のもの、勃ちやがったな。からかってやろ」
旦那の後を追い、バスの玄関を開ける恭平。
「ちょ、恭くん!?」
「勃ってるんだろ。みせてみろ」
「え、えおや!?」
恭平が強引に手拭いをはぎ取ると、そこにはダディーのあるべきものが無く、美少女の裸が!?
図書作品は男向けのおとなアニメ。
従兄弟の美男役者・有栖川煉がわが家にやってきた。単に憂うラクラク、旦那をわが家に見せる恭平。しかし、風呂場で旦那が美少女だという事を分かり、動揺する。そして煉に何でもするから黙っててほしいと言われ、ついついエッチな事をしてしまう。
というあらすじですね。男装してる美少女と、しかも血縁関係がある近親相姦エッチとか特別流れる。なにこういう神業現状。ダディーならだれでも従姉妹の美少女に愛欲するものです。
はい、そんな従姉妹の美少女とずっといちゃこらする作。最初は何でもするから~といわれ、とりあえずはさっきのAVのようにエッチ講じるみたいいわれ、成行でエッチ行う煉くん。
最初は恭平とエッチする~なんて反対があったことでしょう。でも!今の今まで、男子を装った生計しかしてこなかった結果、女房なんて流石いません。無論処女!ヴァージンだ!
こんなウブな生娘が突如ベッタリ次第にエッチな実例陥るんですよ。しかも初事象が親族。興奮するにちがいありません!次々はまってしまい、牝犬としての本能を開花させて行くんですよ。
とりあえず、正邪一度、たたき台を読んでみてください!後悔しない出来栄えだ!
熊本市の不倫調査